​一般競技規定

第1項    用具および設備

A)    ダーツの長さは30.5cm以内とし、重さは50g以内とする。

B)    競技会においては、本協会の公認ボードを使用しなければならない。

C)    設置する高さはボードの中心から床までの高さを173cmとする。

D)    ダーツボードの20がトップセンターであり、シングルの色の暗い方を20とする。

E)     照明は試合の進行に支障のない明るさを必要とし、投げる時の妨げにならない位置に備え付ける。

F)  スローイングラインはダーツボード面に平行であり、ボード面から垂直線を床上まで引き、その線より237cmの位置に

        スローイングラインの後端があるように設置する。スローイングラインの長さは、61cm以上にする。

G)    Oche(オキ・ホッケイ、スローイングラインの上に固定する一段高い仕切り板)を設置することもできる。

        設置する場合、高さは38mm以上長さが610mmで、Ocheの後端がスローイングライン後端と一致するように設置する。

H)    ダーツボードの近くに投げている選手にはっきり見えるようにスコアボードを設置する。

第2項      投げ方

A)    ダーツは手で投げること。

B)    3本のダーツを1本ずつ投げ、それを1投(ワン スロー)とする。ただし、3本のダーツ以下でゲームまたはレッグが終了したときは3本投げる必要はない。また、3本を必要としない競技もある。

C)    試合においてスローイングは対戦相手と交互に行う。また、個人戦以外においては各チーム内のスローイング順を守らなければならない。

D)    ボードに刺さらず、落ちたダーツや跳ね返ったダーツは、スタートを決める時のミドルスローおよび制限内に終了できない試合のミドル勝負以外は再投できない。

E)    スローイングラインまたは仕切り板(Oche)の後端から投げること。それよりも左右両側に出て投げる場合は、スローイングラインまたは仕切り板(Oche)の延長線より後ろから投げることができる。

第3項      試合開始

A)    すべての競技は、対戦する両選手またはチームの代表選手同士が1本のダーツをミドルに投げ合うことによって開始される。ダーツがミドルに近く刺さった選手またはチームが競技または第1レッグを先攻する。リーグ試合においては、ホームチームが最初にミドルに投げる。

B)    ゲームがベストオブ3またはそれ以上で行われる場合には、ミドルに近い方の選手が第1レッグとその後の奇数レッグを先攻する。相手選手は第2レッグとその後の偶数レッグにおいて先攻する。

C)    チームゲームおよびダブルスにおいてミドルに投げる選手は、チームで決めてよい。

D)    先攻決め、および勝敗を決めるセンター勝負でミドルに投げる時、矢がボードに刺さらない場合はボードに矢が刺さるまで何回も投げることができる。なお、この時先に刺さっている矢が後者の投げた矢のため落ちたときは両者とも再投する。

E)    先攻決め、および勝敗を決めるセンター勝負でミドルに投げる時、どちらの矢が中心に近いか、コーラーまたはマーカーが判断し難い場合と、両者ともシングルブルあるいはダブルブルに刺さっている場合には両者とも再投する。

F)     先攻決め、および勝敗を決めるセンター勝負でミドルに投げる時、先投げの人の矢がシングルブルあるいはダブルブルに刺さっている場合、それを確認のうえダーツをボードから抜き後投げの人が投げる。また、ダブルリングより内側の点数を数える所に刺さったダーツを有効とし、アウトボードしたダーツは投げ直す。

G)    先攻決め、および勝敗を決めるセンター勝負で両者とも再投を行う場合は、ボードに刺さっているダーツを抜いたうえで投げる順序(先攻/後攻)を入れ替えて行う。

第4項       得点記録

1.  一般

A)    各競技のマーカーおよびスコアラーは、トーナメントにおいて主催者の認定した者であり、リーグ試合においては、両チーム主将が承認した者であること。

B)    最後の矢を投げ終わってスコアラーが得点を記録するまで矢はボードに刺さっていなければならない。

C)    矢の先端がボードにタッチしていなければ得点にならない。ワイヤーの下を潜って矢の先端が隣にタッチした場合、矢の先端で得点を決めるのではなく、ワイヤーを潜り抜ける前のボードの得点を適用する。

D)    マーカーが得点を確認するまでは、ボード上の矢に触れてはならない。記録された得点の確認は選手の責任であり、矢を抜いた時点で変更はできなくなる。

E)    スコアボード上に記された得点数の計算間違いは、自分側の選手が投げる前に訂正されなければ、間違いのまま進める。

F)     得点はマーカーによってスコアボードに記入され、マーカーが居ない場合は選手によって記入される。

G)    マーカー、スコアラー、コーラーは、選手に得点および残り点数を教えることはできるが、フィニッシュの方法を教えることはできない。

2.  01競技

A)    ダーツボード上において、ダブルバンド(外周のリング、俗称ではダブルリング)とトリプルバンド(内周のリング、トリプルリング)の間、またはトリプルバンドとシングルブル外周の間の範囲に矢が入った場合、その範囲の外側に印されている得点となる。ダブルバンドに入った矢は得点が2倍となり、トリプルバンドに入った矢の得点は3倍となる。シングルブルに入った矢は25点であり、ダブルブルは50点になる。

B)    ダブルブルでスタート(ダブルスタートの場合)およびフィニッシュすることができる。

C)    その競技大会の規則によって、ストレートスタートかダブルスタートのどちらかに決まる。ダブルスタートゲームでは、選手はダブルバンドまたはダブルブルに矢を入れなければスタートできない。ダブルバンドに矢を入れた後の矢はすべて得点となる。

D)    レッグまたはゲームを終わらせるためには、残りの点の半分に当たる得点のダブルに入れなければならない。

E)    ゲームまたはレッグにおいて、最初に必要なダブルに入れて0にした方を勝ちとする。また、フィニッシュした後の得点は数えない。

F)     競技大会の規則によって301、501、1001その他の01競技が可能である。得点は決められた01から差し引かれる。

G)    選手が残りより多くの得点をした場合、または1点を残した場合、ダブル以外で残り点を0とした場合、バストになる。バストの場合、残り点は前回のままとなる。

H)    フィニッシュにおいて、矢はマーカーがそれを記録するまでボードに刺さっていなければならない。コーラーが居る場合、フィニッシュにおいてはコーラーがそれを読み上げるまで、また、コーラーが居ないときはマーカーがそれを記録するまでダーツがボードに刺さっていなければならない。

I)      (残り点数を0にせずに)スリー・イン・ナ・ベッド、222、111、シャンハイのような変則的な終わり方は認めない。

J)     試合またはゲームは適当な時間で終わるためにダーツ数を制限する。

(1)    501ゲームはリミットを45ダーツ(15投)とする。

(2)    競技会規則によって制限を付けることは可能である。

(3)    トーナメントの決勝戦は原則として無制限。

(4)    リーグ試合において、チームゲームはリミットを90ダーツ(30投)とする。
シングルスゲームにおいては制限がある。

(5)    リミットに達したとき、先にリミットに達した選手またはチームがミドルに1本のダーツを投げる(ミドルに近い方が勝ち)。ダブルスゲームまたはチームゲームにおいては、自分のチームのどちらの選手でもミドルに投げてよい。それ以外の順番は試合開始のルールを適用する。

(6)    ダブルスタートゲームにおいて、リミット以内にスタートすることができなければ、すでにスタートをしている方の勝ちとする。

​改訂履歴

​初版

​2004年5月

​2017年3月10日

[一般競技規定 第4項 2 J (4)]
チームゲームのリミットを120ダーツから90ダーツに変更

[一般競技規定 第3項 G]
ミドルスローで再投を行う場合、投げる順序を入れ替えるルールに変更

[リーグ 第18項]
チャレンジマッチに関するルールを削除

[一般競技規定 第3項 F]
ミドルスローで先に投げたダーツがブルに刺さった場合、「抜くことを要求できる」旨の記述から「抜く」記述に変更

[一般競技規定 第3項 D、E、F]
ミドルスローに関する文言を一部見直し

​2018年12月8日

​2019年12月18日

[一般競技規定 第3項 D、E、F]

ミドルスローに関する有効ダーツについて追記