​ダーツの基礎

新規ドキュメント 2020-07-26 11.30.00_1.jpg

​ダーツの名称

ダーツ(矢)は3本1組で使用されます。

長さ30.5cm以内、重さ50g以下

​と決められていますが、18〜23gが一般的です。

自分の使いやすい重さを選び、

好みのパーツを組み合わせることもできます。

​ダーツボード

​公式戦で使われるボード(ブリッスル・ボード)は、最高級のサイザル麻を圧縮したもので、15万回以上の耐久力を持ちます。

​直径45.5cm、厚み3.7cm、重さ4.8kg、

得点エリアのサイズなど世界ダーツ協会よって統一されています。

新規ドキュメント 2020-07-26 11.32.20_1.jpg
新規ドキュメント 2020-07-26 11.34.09_1.jpg

​ダーツボードの設置方法

床からボードの中心までが173cm、ボードからスローイングラインまで237cmの所に設置します。

誤差は、1.5cm。20点が真上にくるのが基本です。

スローイングラインを踏んで投げてはいけません。

新規ドキュメント 2020-07-26 11.34.57_1.jpg

​ダーツの持ち方

持ち方(グリップ)は、重心となるバレル部を親指と人差し指で持ち、中指をそえます。

​ダーツを軽く支えるような感じで持つことが大切です。

新規ドキュメント 2020-07-26 11.36.16_1.jpg
新規ドキュメント 2020-07-26 11.38.48_1.jpg

​ダーツの投げ方(スタンス)

基本的には、図のように正面型、側面型、中間型があります。

​バランスの良いスタンスをとり、ダーツは身体を動かさないようにして投げる。

​ダーツの投げ方(スローイング)

​脇を軽くしめ、肘を空間に固定して、テイクバックからフォロースルーまで頭や体を動かさず、肘を支点にして投げます。

新規ドキュメント 2020-07-26 11.40.02_1.jpg

 (1986「darts diary」津田昌信)